色んな化粧箱

適した印刷方法選択

プレゼントを渡す

チラシは日常生活に根強く浸透している広告媒体です。良くフライヤーと混同している人もいますが、この二つは厳密に言うと違うものです。チラシの語源は、散らすもの、という言葉です。街中に散らされる、散らす、といった意味が含まれています。その一方で、フライヤーは飛行機やヘリコプターなどから撒いたものをフライヤーと呼んでいます。現代では、大まかに分類するとチラシは新聞に折り込みされるもので、フライヤーは店舗などに置いてもらうものを意味していることが多いです。この二つは用途が違うため、作成ポイントも違います。チラシは毎日目にする機会が多い出版物です。そのため、印象に残りやすいデザインにしたりなどの差別化を図る工夫が大切になってきます。フライヤーは手に取ってもらい、持ち帰ってもらうことを重要視しています。厚手でピンポイントの情報が入っていることが大切です。誰かに内容を伝えるという点では似通った二つの広告媒体ですが、見る状況に適した作成がなされています。

チラシ印刷をする場合、個人で行う人も中にはいるでしょうが、ほとんどの人が印刷業者へ依頼します。印刷にはオフセット印刷とオンデマンド印刷がありますが、どちらでもチラシ印刷はできます。色味が多く派手なチラシを大量に作成したい場合は、低コストで大量生産を得意とするオフセット印刷が適していますが、急遽チラシが必要になった場合は、納期が早く少量の印刷を得意とするオンデマンド印刷の方が有効です。最近では、ネットによる印刷サービスも増えており、時間と手間が掛からなくなったこともあり、会社などの法人以外でも、印刷業者を利用したチラシ印刷やフライヤー印刷などの需要が高まると予想されます。

Menu